ビニール肌の治し方は適度なクレンジングと保湿

ビニール肌とは、お肌の角層が弱り、バリア機能が落ちてしまった状態のことを言います。
お肌がいつも突っ張っている感じがして、表面がツルツル、テカテカしてビニールのようなのに絶えず乾燥しています。更に、埃や風といった要因にも非常に敏感になって、すぐ肌トラブルを起こしてしまいます。また、お肌の基礎となるべき角層が壊れかかっている状態なので、ニキビ、吹き出物、赤肌・・・と悩みが尽きません。

実はビニール肌は、お肌を気にして手入れをし過ぎることに問題があります。
女性に取ってお肌の手入れは大切なもので、毎日きちんとメイクを落として、その後は保湿をすると思います。どちらも大切なことなのですが、方法に問題があるとビニール肌になってしまいます。

例えば、メイクを落とすならスクラブの入ったクレンジングの方が毛穴の汚れまでしっかり落とせると思いますね。汚れをとに角しっかり落とすクレンジングを選んでいませんか。
更に、洗顔後の保湿もしっかり塗りたくっていませんか?
過ぎたるは猶及ばざるが如し、の言葉通りで、クレンジングも保湿も「適度」が大事なのです。

では、実際にはどのような洗顔、保湿が良いのでしょうか。

洗顔は、敏感肌用の洗顔料を手で泡立て、その泡で顔を洗うようにイメージして下さい。自分の手がお肌に触るか触らないか程度の弱さでマッサージするようにします。
手でゴシゴシ汚れを落とすのではなく、”泡で落とす”と思って下さい。
洗顔料を落とす時も同様で、お湯を顔にかけながら泡を落としていきます。なるべく手で強く触らないように、優しく泡を落としていきます。

こうしないとお肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、お肌は皮脂を普段より皮脂を出すようになり、肌トラブルの原因となってしまうのです。

次に保湿です。
角質が破壊しそうな状態に強い保湿をすると、角質がふやけてしまいもっと弱らせてしまいます。
ですから、ビニール肌の改善の為には、今は自分のお肌は弱っているということを意識して、敏感肌用のシンプルな保湿を心掛けましょう。
化粧水と乳液ジェル程度でお肌をカバーし、油分を含んだものは止めましょう。

これを続けていれば、ビニール肌は徐々に改善していきます。一度壊れかけたお肌はすぐには元には戻りません。最低でも半年はかかると考えましょう。根気よく続けていれば、お肌は元気を取り戻して本当の美肌へと変わっていきます。決して1か月や2ヶ月で他の方法を探したりせず、優しい洗顔と保湿を心掛けるように頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました