利息の計算方法 | 【今すぐお金を借りるならココ!】即日融資の誰でも借りれる金融屋






利息の計算方法

キャッシング会社の金利
キャッシング会社のホームページやパンフレットを見てみると、「実質年利○○%」と記載されています。これはどういうことかというと、1年間お金を借入した場合、元金の○○%を利息として請求しますという意味です。具体的に見ていきましょう。10万円を実質年利18%で借り入れしたとします。そしてちょうど1年後、10万円を全額返済した場合元金の10万円の他に、利息として18000円を負担しないといけないわけです。ちなみに実質年利というのは、利息の他にも事務手数料などのコスト込みという意味です。

利息の計算方法
キャッシングの返済をする時には、できるだけお金が入ってくればこまめに返済することが大事です。というのも多くのキャッシング会社では、日割りで利息の計算を行っているからです。ちなみに日割り計算した場合の利息の算出方法は、元金×年利÷365×借入期間となります。ちなみに先ほど紹介した10万円を年利18%で借り入れした場合を想定しましょう。もし1週間後に10万円を完済した場合にかかる利息は345円、1か月後に完済した場合には1476円の利息負担になるわけです。この利息額を見てもお分かりのように、いかに早く返済できるかが返済負担を軽減するための肝です。

休日に利用してお得に
休日現金が必要で手持ちがないというときに、銀行ATMで現金を下ろす人もいるでしょう。しかし現金を下ろすのは少し待った方がいいです。休日だと多くの銀行ATMでは、時間外手数料を取られます。金融機関によってさまざまですが、たいていの所が税抜きで100円とか200円の手数料を取られるはずです。そこでATMで現金を下ろすのではなく、キャッシングを利用しましょう。先ほど紹介した10万円を18%で借り入れした場合、1日後に返済すれば50円弱です。土曜日に借り入れして、月曜日になってATM手数料が無料になったところで口座から現金を下ろし完済すれば、10万円借入でも2日間の借入なので100円弱の計算です。つまり100円とか200円のATM手数料を支払うのと同じかやや少ない負担で行けるわけです。10万円も必要なく数万円の借入であれば、さらに支払利息は少なくなります。

このようにキャッシングは、使いようによってはお得にできる可能性も秘めているサービスなのです。上で紹介した利息のシステムを理解して、自分にとってメリットのある使い方を検討してみましょう。