複数社利用のある方へのアドバイス | 【今すぐお金を借りるならココ!】即日融資の誰でも借りれる金融屋






複数社利用のある方へのアドバイス

現状の把握
複数借入のある人はまず行わないといけないのは、自分の借金の現状を把握することです。複数借入のある人は、自分が今どのくらいの借金を背負っているのかきちんと把握できていない人が多いです。複数借入先があると、月々の返済額や返済日がいつかの管理も難しくなるので一回整理しましょう。返済をしているけれどもそのほとんどが利息の支払いに使われてしまって、肝心の元金がほとんど減っていないということもあり得ます。このような状況でさらにお金に困ったから借り入れすると、借金がどんどん膨らむ一方です。気が付いた時には自分で対処のしようもない莫大な債務になっていた、ということのないように気をつけましょう。

おまとめローンの利用
複数の借入先があって返済期日などの管理が大変というのなら、おまとめローンと言って借金を一本化してしまうのも一つの方法です。おまとめローンにすると月に1回の返済ペースになるため、余裕を持って返済資金の調達ができます。また通常おまとめローンにすると従来のキャッシングよりも金利が低くなるので、利息の支払い負担が軽減されます。

ただしおまとめローンを販売している業者の中には、いわゆる悪徳業者も一部存在しているので注意が必要です。悪徳業者から借り入れした結果、今までよりもさらに悪い条件で返済する羽目に陥る可能性もあります。悪徳業者の見分け方は、おかしな条件で貸し付けると言っているかどうかです。「無職の方OK」とか「ブラックの方でも借り入れできます」「金利1%から」といったような文句に騙されないことです。おまとめローンでも金利は10%近くどんなに低金利の商品でもつくので、1%といった金利はあり得ません。

返済可能な状況か
多重債務者の中でも危険なのは、借金の返済が自分でできないので他から借り入れして返済に充てるという方法です。このような自転車操業の状況になれば、遅かれ早かれ破綻します。もし自分の収入だけでは返済できないような状況に陥っているのなら、債務整理も検討すべきです。債務整理とは、借金の圧縮など返済可能な返済計画を立て直す方法です。場合によっては自己破産と言って、全部身の回り以外の財産を手放し、残りの借金をチャラにする方法もあります。債務整理をするとブラック情報が信用情報に登録されるので、5~7年ローンやカードの利用はできなくなります。しかし借金返済のための借金を繰り返して、どんどん債務を増やすよりはいいでしょう。借金返済できなくなっているのなら、弁護士や司法書士の専門家に一度相談することです。