トリキュラーの効果

■ 効能・効果
避妊

添付文書には避妊としか書かれていません。

避妊以外はの効果は副作用にあたるようです。

また、次のような注意点が書かれています。

<効能・効果に関連する使用上の注意>
避妊効果は必ずしも100% とはいえません(のみ忘れを含めた一般的な使用に
おける失敗率は9%と報告されています)が、正しく服用した場合その効果は高
いとされています。

効果は高いのか低いのかよくわからない文章です。
一般には避妊効果は高いと言われています。

『飲み忘れを含めた一般的な使用』という文章は笑います。飲み忘れって一般的なんでしょうか。

この文章からすると飲み忘れない限り、避妊効果は高いのですが、飲み忘れたとしても、必ず妊娠するわけではないので、失敗率9%というのはかなりの数の方が飲み忘れて、かなりの方が妊娠しているように思えます。この失敗率もどんなふうに計算しているのか気になります。

まさか、妊娠した方にトリキュラーを飲んで、失敗したので妊娠したか、しないか聞いているとは思えないですしね。

では、避妊以外の効果について調べてみました。

ある意味、副作用かもしれません、ポジティブに働く意味で、副効果と言ってみます。

生理痛が軽くなる
PMS症状の緩和
生理周期が安定する
生理が軽くなる
ニキビが治る
肌がきれいになる
おっぱいが大きくなる
女性化
更年期障害の症状が軽くなる
生理をずらす(早める、遅らせる)ことができる。

トリキュラーの副作用

添付文書には次のように書かれています。

承認時までの調査症例955例中486例(50.9%)に副作用が認められ,主な副作用は,悪心281件(29.4%),乳房
緊満感181件(19.0%),頭痛143件(15.0%),嘔吐100件(10.5%),下腹部痛62件(6.5%)等であった.周期数では13,943周期中,1,746周期(12.5%)に副作用が認められた.周期数別副作用の発現頻度は, 1 周期では38.7%,6 周期では12.7%,12周期では8.7%で周期が進むにつれて減少した.(承認時)市販後使用成績調査での調査例3,223例中368例(11.4%)に副作用(臨床検査値の異常変動を含む)が認められ,主な副作用は不正子宮出血123件(3.8%),悪心111件(3.4%),乳房痛36件(1.1%),嘔吐30件(0.9%),頭痛24件(0.7%)であった.(再審査終了時)

1)この薬はのみ始めだけでなく、のんでいる間はいつでも血栓症(手足・肺・心臓・脳・網膜などの血管内に血のかたまりが詰まる病気)になる可能性があり、生命に関わることがあります。血栓症について、次のことを医師から十分理解出来るまで説明を受けてください。

◦次のような症状があらわれた場合にはのむのをやめてすぐに救急医療機関を受診してください。
手足‥‥足の突然の痛み・腫れ、脱力・まひ
胸‥‥‥突然の息切れ、押しつぶされるような痛み
頭‥‥‥激しい頭痛
口‥‥‥舌のもつれ・しゃべりにくい
目‥‥‥突然の視力障害
など
◦次のような場合には、症状が軽くてものむのをやめて
 ただちに受診してください。
◦血栓症が疑われる症状があらわれた場合
足の痛み・腫れ・しびれ・発赤・ほてり、頭痛、吐き気・嘔吐など

◦体が動かせない状態になった場合、著しく血圧が上がった場合、脱水の状態になった場合など
長時間同じ姿勢でいたり、水分が不足したりすると血栓症が起こりやすくなります。適度に体を動かしたり、こまめに水分をとるようにし
ましょう。
◦血栓症を疑って他の病院を受診する時には、この薬を飲んでいることを伝えてください。
 なお、経口避妊薬の服用をやめた場合には、他の避妊法を使用してください。

2)服用を開始して1~2周期の間は軽度の吐き気、乳房の張りなどを生じることがあります。また、周期の途中で軽度の出血を生じることがあります。いずれも通常は服用中に消失しますが、心配な場合や、その他にも身体に何か異常を感じたときは、医師または薬剤師に相談・報告してください。

ネットの口コミでは次のような副作用もあります。

偏頭痛
体重が増える
女らしい体つきになる

参考文献

・トリキュラー錠21、28の添付文書