プラノバールを通販で購入したい、薬局やドラッグストアでまとめて買いたいという方は多いと思います。

しかしながら、プラノバールは通販で販売していませんし、薬局やドラッグストアでは販売していません。

どうしもてプラノバールを購入したい方はオオサカ堂という医薬品の個人輸入代行サイトからプラノバールジェネリック購入することをおすすめします。(日本製のプラノバールも他のサイトで購入できますが値段が少し高いです。)

オオサカ堂は海外のサイトですが、日本語のサイトです。海外からの個人輸入のメリットは保険が適用にならなくても値段が安いこと、まとめて購入できること。希望するピルが買えることなどです。また病院に行くと、待ち時間などがかかり、半日ぐらいつぶれますが、個人輸入なら5分もかからないで簡単に買うことができます。

支払いは日本の銀行振り込みで支払うことができます。

海外なので注文から到着まで一週間から10日ぐらいかかるのが欠点です。





日本製のプラノバールはファミリーファーマシーグローバルというサイトで購入することができます。

こちらの日本のあすか製薬製造、武田薬品工業販売のプラノバールは1シート(21錠)が送料込で3,110円で購入することができます。

オオサカ堂のプラノバールジェネリックが1箱20錠で880円(送料込)で販売していますので、少し割高です。

日本製がいいという方はこちらがおすすめです。

>>日本製のプラノバールの購入はこちら




プラノバールの添付文書

プラノバールの添付資料はこちらから確認することができます。
↓↓↓↓↓↓
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00055276.pdf

服用の前に事前に確認しておきましょう。

プラノバールの効果

・機能性子宮出血,ホルモンによる月経のコントロールが変化することによって起こる異常出血。
・月経困難症,月経期間中に月経に伴って起こる病的な症状を月経困難症と言います。下腹痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛、食欲不振、憂うつなど様々な症状があります。代表的なものが生理痛です。
・月経周期異常(稀発月経,頻発月経)
・過多月経(かたげっけい)
・子宮内膜症,
・卵巣機能不全

※プラノバールを緊急避妊薬として使う方法がありますが、添付文書には緊急避妊薬とは書かれていませんね。

また、緊急避妊薬としては最近はノルレボの方が一般的に使われています。ノルレボの方が値段が高いのですが、緊急避妊の成功率が高いのでノルレボの方がおすすめです。

ノルレボの方は緊急避妊薬として、添付文書に明記されています。

ノルレボ錠の添付書類はこちら
↓↓↓↓↓↓
http://www.aska-pharma.co.jp/newitem/prd_norlevo/data/pi_norlevo_1610.pdf

プラノバールジェネリックの使用者の口コミ

オオサカ堂にはプラノバールジェネリックの使用者の口コミがあります。主なものをまとめてみました。

どんな方が個人輸入で買っているか、買っている理由など

・生理日の調整のため(病院で処方してもらうと保険適用外で高いこと、まとめて購入ができないので)

・保険が適用になる病院とそうでない病院がある。自費の場合だと個人輸入の方が安いから

・値段が安くて効果が変わらないから

・忙しくて病院に行く時間の無い方

・病院で処方してもらう時は医師によっては希望するピルを処方してもらえないことがあるので。体に合わないピルを服用すると副作用のリスクがあるから。

まとめ

プラノバールを最安値で購入したいという方にお勧めの通販サイトはオオサカ堂です。

日本製のプラノバールがほしいという方はファミリーファーマシーグローバルがおすすめです。