わたしが低用量ピルを服用するようになったきっかけは、婦人科で「子宮内膜症の初期段階」と診断されたことです。

生理が始まった中学生の頃から毎回のように生理痛が重いタイプで痛み止めもなかなか効かず、高校生にもなると酷い時は痛みで冷や汗や脂汗が出てきて布団から起き上がれず悶絶するようになっていました。

大学3回生の夏頃、酷い生理痛で起き上がれずにいたところ、お付き合いしていた彼氏さんから「病院で診てもらおう」と言われ、彼の付き添いでふらふらになりながら近所の婦人科へ行きました。

この時が初めての婦人科で、これから何が起こるのかとても不安な気持ちでした。

問診で症状について簡単に説明するとすぐに触診をすることになり、子宮の写真を見ると黒い影のようなものが見つかり「これが恐らく子宮内膜症の初期段階です」と言われました。

「出産によって治る人もいるけど、今のまま治ることはないのでピルを飲んで進行を抑えましょう」とお医者さんに言われ、低用量ピルを飲み始めることになりました。

ピルを飲むと生理周期が整い、経血の量も減るため子宮内膜症の進行を抑えられるとのことでした。

最初に飲み始めた「ルナベル」という低用量ピルは身体に合わず、とにかく吐き気がして眠ることもできず、再度婦人科を受診して別のピルを処方してもらい、「ヤーズ」という低用量ピルを飲むことになりました。

最初に飲んだものが身体に合わなかったのでヤーズを飲むのも少し不安でしたが、ヤーズはルナベルよりホルモン量が少ないそうで吐き気がすることはなくほっとしました。

ヤーズを飲み始めてから、生理前から生理中に悩まされていた肌荒れがなくなり、生理期間中の気分の浮き沈みも以前より落ち着いてきたように思います。

また、生理期間が短くなり経血の量も減ったので心身ともにかなり楽になりました。

現在は引っ越ししたため別の婦人科に通うようになり、ヤーズの取り扱いがなく「ルナベル」を服用するようになりましたが、以前のような吐き気などはありません。

ピルを飲むと副作用が出ることもあるようなので、3か月に1回くらいのペースで血液検査もします。

毎月ピルをもらいに行くことを思うとそれなりにお金がかかってしまいますし、ものによっては保険適用外のピルもあるみたいですが、健康のことを思うと子供をつくるときまでは低用量ピルを飲んでいたいなと思います。

(大阪府 ゆーきゃんさん)